polcaでチャレンジ

6
記事

[僕は経営者ではなく、アーティストだ。]

こんばんは。

今日は新しく入ったBARのスタッフに、「BAR FUCKIN' DREAM」と書いたゼッケンを貼って街中を走らせるというマーケティングをしました。笑

街で走ってる姿を見たけど、さすが全国高校駅伝で2位になっただけあって速すぎて目で追うのに必死でした。笑

これからも、

[誰もやらない企画]と[誰もやらないマーケティング]

で話題をかっさらっていきます。

挑戦をするたびに

もっとみる
読んでくれてサンキューな!!
11

恋愛相談サービスとpolcaを始めた理由

こんばんは。

人生ではじめてホッピーというものを飲み
魅力に気づきかけてしまっているきむらむです。

Twitterやfacebookでは何度か共有させていただいていましたが
現在、polcaに挑戦中です。

恋愛相談のアプリを粛々と作っており、そちらの作業(特にエンジニア周り)を加速させるため、ご支援をお願いしております。
具体的に何使うための資金なのか、どんなお返しを用意しているのか、といっ

もっとみる
読んでくださってありがとう。
5

わたしがpolcaにジョインした理由

はじめまして!
11月5日より、株式会社CAMPFIRE polca事業部に新しくアシスタントとしてチームに参画しました、益山と申します。

私は、中学三年生の頃ブランドを立ち上げ、

その後、高校に進学してすぐ退学して、

東京に憧れて上京したり、

大好きな家族といるために京都にいたり、

インターンとして様々な会社を渡り歩いたのち

ここ"polca"にやってきました。

フレンドファンディ

もっとみる
ありがとうポル!
42

よく遊び、よく学び、よくよくpolca

米国ではお子さま向け"俺ちゃん2" もとい『ワンス・アポン・ア・デッドプール』(PG-13)がクリスマスに観れる、そんな素敵なサンタさんが日本にもワンチャン現れないかとソワソワしています、ども、polca事業部の山田です。

フレンドファンディングアプリ「polca(ポルカ)」は「トライを後押しする環境をつくる」べく、お金とコミュニケーションがなめらかな世界を提案しつづけるアプリです。
polca

もっとみる
ありがとうポル!
11

自己紹介

こんにちは、望月まいです。

そういえば、自分の今までの活動とかこれから目指してるところとか、そんな感じの自己紹介をしてるページがひとつもないな思ったので、軽く書きます。

私は現在、ファッションブランドの運営事業をメインとしている株式会社Recnoでカスタマイズ・バッグブランド「SCEGLISTY(シェリスティ)」の運営と、高校生がつくる、高校生のためのファッションブランドの企画「Passion

もっとみる

言葉では伝わらない何かを伝えるために服をつくる。

こんにちは、望月まいです。

私にとってファッションは、何かを伝えるための手段です。

"何か"とは、自分の想いだったり、カルチャーだったり、様々です。

服は、衣食住の衣なので生きていく上で必要なものですが、その役割はただ体を守るとか温度の調節だけではありません。服は上記の機能性と同時に、自分を表現するものであり、ある意味芸術でもあると思っています。

私がつくりたい服

その服を着た時は、いつ

もっとみる