polcaでチャレンジ

2
記事

パラクライミング世界選手権、日本代表のトレーナー

当院代表の小林は現在、パラクライミング世界選手権の日本代表、濵ノ上文哉選手のトレーナーをしております。

パラクライミングとは、四肢や視覚に障害を持つ人たちが行うクライミングです。 濵ノ上選手は網膜色素変性症という目の難病を持ちながらクライマーとして活動おり、昨年開催された大会では銅メダルを獲得しました。

今回フランスで行われる世界選手権では、金メダルを目指し、小林はトレーナーとして、私も栄養

もっとみる

これからのコミュニティをアソシアシオンから考える(卒論に向けた考え)

おはようございます。いい朝だなあ。日差しがここちいい。わたしの家の近くでは、イチョウがいま色を変えつつあります。黄色と緑の境目がみえておもしろいです。

(サムネイルのはりねずみ、かわいすぎません・・・?!!!)

毎日卒論について考える習慣がつきました。12月21日にテーマ仮決めするから(じぶんのなかで勝手に決めた)。ただノート(アナログね)に書き留めるだけだと、広がりはするけどまとまらない。と

もっとみる
書いた甲斐ある~~~~~~う
7